Microsoft Office Specialist

Word 2016 Specialist 対策講座

Wordの基本講座で習得したスキルの定着と、

知っておくとお仕事で必ず役立つ機能が満載の講座です。

 

例えば…

  • 会則・規約など、何ページにも渡る文書は階層構造にすることが多いです。
    その場合、読み間違いを防ぐためにも、リストのレベル設定をしっかりと行うことが大事になります。
  • Wordで申込書・アンケートなどを作成する際は、表を使用しますよね。
    Excelではなく、Wordでの表の作成方法を知っておくと、文書作成の際、
    Word・Excelのどちらで作成した方が良いかの判断もすぐにできるようになります!

 

「就職・転職のための資格取得」を目指す方はもちろん、

「もっと効率良く文書作成をしたい」という方にもおススメです!

Microsoft Office Specialist

Word 2016 Expert 対策講座

高度な書式設定など、Wordのさらなる応用スキルを証明するための資格です。

 

例えば…

  • 宛名ラベルの作成など、案内状や挨拶状をたくさんの宛先に送付する場合になくてはならないのが
    差し込み印刷です。宛先データの管理方法も学べます。
  • アンケートや申込書のフォーマットを作成するのに便利なフォームの作成を学びます。
    フォームを使うと、こちらから送付したアンケートの必要な部分だけに入力や選択をしてもらえるよう
    編集を制限しておくことができます。

 

最新バージョンMOS2016での、Expertレベルの資格取得者はまだまだ少ないので、

就職・転職活動の際に非常に有利になりますよ!

Microsoft Office Specialist

Excel 2016 Specialist 対策講座

Excelの基本講座で習得したスキルの定着と、

お仕事で必ず役立つ機能や関数が満載の講座です。

 

例えば…

  • 作成した売上管理表から、「日付の順に並べる」「ある特定の商品の売上だけを表示する」
    という作業ができると、売上の分析に非常に便利です。
    そんなときはテーブルを作成し、レコードの並べ替え抽出をする必要があります。
  • 商品別売上の合計金額が知りたいときは、SUMIF関数を使うとすぐに計算できます。
    その他、AVERAGEIF関数COUNTIF関数も学ぶことができます。

 

どれも、お仕事でよく使われる機能ですね!

「就職・転職のための資格取得」を目指す方はもちろん、Excelのスキルアップをしたい方にもおススメ!


Microsoft Office Specialist

Excel 2016 Expert 対策講座

 Excelのさらなる応用スキルを証明するための資格です。

 

例えば…

  • 不特定多数の人が同じファイルに入力する場合、数式が入力されているセルなど、大事な箇所は
    変更できないようにしておきたいですね。
    そんな時はワークシートを保護しておくと安全です。誤ってデータを消してしまったり、
    書き換えてしまったりするのを防ぐことができます。
  • 「本日の売上だけを取り出して印刷する」など、毎回決まった作業をする場合は、マクロに登録しておくと
    便利ですね。ボタンひとつで作業が終わります。
  • ピボットテーブルの使い方を知っておくと、大量の売上データから、「商品別の売上を知りたい」
    「地域別の売上を知りたい」など、いろんな角度から分析することができます。

 

Excelをしっかり使いこなしたい方に特におススメの資格です!

Excel上級者を目指しましょう♪


Microsoft Office Specialist

Power Point 2016 Specialist 対策講座

 基礎のスキルの定着と

お仕事ですぐに使える機能がたくさん学べる講座です!

 

例えば…

  • 会社のロゴを全てのスライドに入れる場合は、スライドマスターを使います。
    素早く、きれいに作業ができます。
  • 企画書を作成する場合は、グラフSmartArtグラフィックを効果的に使うと、
    非常に見やすく分かりやすい資料になります。
  • アニメーションの使い方をしっかり身に付けておくと、プレゼンテーションの展開も一味違ったものになりますよ。

 

最近は一般事務を目指す方にとっても、PowerPointは必須スキルとなりつつあります。

就職・転職に向けて、スキルを証明しましょう